トイレトラブルは原因を把握して発生前に防ごう!

トイレトラブルはまずは自己診断が必要~いざという時の業者依頼~

なぜトイレトラブルが起きるのか

トイレが詰まったり水があふれるなどの原因は、停電やブレーカーが落ちた電気系統の故障と水道管の凍結といった水道系統の故障にわけられます。水の流れが悪い場合は、トイレットペーパーなどの使いすぎが原因です。長年の使用による設備の老朽化もあげられます。

トイレトラブルが起きやすい原因5選

no.1

その都度流すようにする

水の節約のため、その都度流さなかったり、タンクにペットボトルを入れて水量を減らす人も多いようです。ですが、トイレの後にまとめて流したり、意図的に水の量を減らしてしまうと、トイレットペーパーが上手く流れず、詰まりの原因となります。

no.2

お掃除シートや猫砂を流してしまった

水に流せるタイプの商品であっても、そのままトイレに流してしまうと詰まることがあります。大量に流さず、その都度流すようにしましょう。また、猫砂には水分を吸収するものがあり、配管の中で膨張して詰まりの原因となります。数回に分けて流しましょう。

no.3

トイレで吐いてしまった

お酒の飲み過ぎや風邪を引いた時などに気持ちが悪くなってトイレで吐いてしまうことがよくあります。この吐瀉物がトイレの詰まりの原因です。吐瀉物に含まれる油分が配管で固まり、詰まってしまうためです。カップラーメンの汁を流すのもトイレトラブルにつながります。

no.4

排水マスに異常がある

何も流した覚えがないのにゴボゴボと異音がする場合は、便器以外に原因があるかもしれません。家の外にある排水マスを開けて中を確認しましょう。排水マスに異常がある場合は、排水管の破損や詰まりなどが原因です。水は流さず、業者に修理を依頼しましょう。

no.5

水が止まらなくなった

トイレタンクのレバーを戻しても水の流れが止まらない場合は、タンクの不具合の可能性があります。タンクのパーツが劣化していないか、きちんと動いているか確かめましょう。タンクの中に異物が入っていたり、パーツに水垢がついている場合も水の流れを邪魔することがあります。

トイレトラブルは原因を把握して発生前に防ごう!

作業員

トイレトラブルが起きる原因を知ろう

給水管や排水管に寿命がきたための水漏れや、排水口と排水管に蓄積した汚れもトイレトラブルの原因になります。冬場の凍結などで配管が破損し、水漏れが起こることもあります。トイレの水漏れは壁や床を水浸しにし、家自体を劣化させてしまいます。日頃から小まめに掃除し、専門業者にクリーニングなどのメンテナンスを依頼しましょう。

適切な対処法を知っておく

水洗トイレの仕組みを知っていると対処しやすくなります。水が流れない時の応急処置はバケツで水を汲み、便器に流します。次に止水栓が閉まっているか、レバーの鎖が切れていないかなどを確かめます。水が止まらない時は速やかに止水栓を閉めましょう。浮き球が外れていないか、タンクに異物が入っていないか確認し、それでも直せない場合は業者へ依頼します。

業者に対応してもらうと安心

トイレの詰まりは場所によっては大惨事となります。汚水が逆流してあふれ出せば、マンションなどは1軒で済まずに全ての部屋に影響を与えてしまいます。何が詰まったかによって対処法は変わってくるので、自分で原因が特定できない場合は業者へ任せるのが安心です。ただし、修理を依頼するのは自分で一通りチェックした後です。

トイレトラブルに関する口コミ

すぐに来てもらえて助かりました

前々から軽いトイレ詰まりがあったものの、掃除すればよくなるのでそのままにしていました。ところが水が便器からあふれるほど詰まってしまい、修理をお願いしました。すぐに来ていただき対応も良く、もっと早く依頼すれば良かったと思っています。

思ったより早く済みました。

子どもがトイレットペーパーの芯を詰まらせ、自分ではどうにもならなかったので修理を依頼しました。もっと時間がかかると思っていましたが、迅速な作業で1時間もかからず修理が終わりホッとしました。これで安心してトイレを使えます。

トイレタンクの水漏れ修理

トイレタンクから水がチョロチョロ流れているのが気になりお願いしました。原因がわからず困っていましたが、タンクの中にあるボールタップという部品の劣化だと言われました。交換してもらい、水漏れはすぐに解消しました。対応も丁寧で満足しています。

広告募集中